くせ毛がストレートパーマをかけるべきではない4つの理由とは?

スポンサーリンク

こんにちは!

表参道エリアでくせ毛顧客率100%のくせ毛専門美容師、「くせ毛マイスター」として活動している野坂信二(@kusegemeister)です。

みんなには「のっち」という愛称で親しんでいただければと思います♪

↑YouTubeではくせ毛、ヘアケア関連の動画を多めに投稿しています!ぜひ登録してくだいね♪

 

くせ毛がストレートパーマをかけるべきではない4つの理由とは?

縮毛矯正ではなく、あえてストレートパーマを当てる理由として

  • 縮毛矯正はダメージが気になる。
  • 縮毛矯正の不自然にまっすぐ過ぎるのがイヤ!
  • 縮毛矯正は時間がかかるのが疲れてしまう。
  • 料金が高い!

などがよく挙げられますが、まずはこの記事をよく読んでから決めていただければと思います。

 

のっちが考える『くせ毛がストレートパーマをかけるべきでない4つの理由』とは

  • くせ毛を伸ばせるのはストパーではなく、縮毛矯正だけ。
  • その場は伸びても、持続して2週間が限度。
  • くせ毛にストパーをしても、ただ傷ませるだけ。
  • 髪質改善(トリートメント)という名のストレートパーマに気をつけろ。

 

では詳しく解説していきます!

 

くせ毛を伸ばせるのはストパーではなく、縮毛矯正だけ。

まず大前提として、くせ毛にストレートパーマは全く効果はありません。

そもそもストレートパーマとは『パーマ落とし』のことであって、ストレートにするという部分に置いて同じでも、

くせ毛をストレートに伸ばす縮毛矯正とは似て非なるもの。全くの別物なのです。

 

その辺が素人さんのみならず、プロである美容師までもが混同し、勘違いしていて

『ストレートパーマ=優しい縮毛矯正』

なんて訳の分からない解釈をしている方が非常に多いです。

 

大前提として、

ストレートパーマ=パーマ落とし

縮毛矯正=くせ毛を半永久的にストレートヘアにする

です。

 

スポンサーリンク

 

ストパーより縮毛矯正の方が髪は痛む。

『ストレートパーマは痛みます』と前述しましたが、一回の施術での髪の負担は縮毛矯正の方が大きいです。

 

縮毛矯正とストレートパーマの施術工程は少し似ていて、ストレートパーマにある工程を組み入れたものが縮毛矯正です。(細かいことを言えばまだまだ違いはありますが割愛します。)

ストレートパーマの施術工程
  1. 1剤塗布
  2. 還元放置
  3. 流し
  4. 2剤塗布
  5. 酸化放置
  6. ドライ(仕上げ)

 

縮毛矯正の施術工程
  1. 1剤塗布
  2. 還元放置
  3. 流し
  4. ドライ
  5. アイロン
  6. 2剤塗布
  7. 酸化放置
  8. 流し
  9. ドライ(仕上げ)

 

この赤文字で示した『ドライ』『アイロン』工程の違いの有無が縮毛矯正とストレートパーマの違いとなります。

 

アイロンでの熱処理は、薬剤で髪が極端に弱り、そして不安定な状態で180度をも超える高温で熱を髪に加えるため、髪への負担は相当なものです。

縮毛矯正は『ビビリ毛』といって、縮毛矯正のダメージにより髪が髪の原形をとどめておくことができないほど損傷してしまうケースがあります。

熱を用いる縮毛矯正やデジタルパーマの失敗例の一つとして挙げられるものですが、一歩間違えばそれほど髪を痛めつけてしまう美容技術の中でも最も繊細で知識・技術を要すると言われているのが縮毛強制という施術です。

 

ストレートパーマなこの熱処理の工程がないため、1回の施術でのダメージは縮毛矯正の方が大きいです。

そして、この違いこそが一回の施術ダメージの差となり、半永久的にストレートヘアになるかどうかを左右する大きな違いとなります。

 

ますます縮毛矯正ではなく、ストレートパーマをしたくなったんじゃないでしょうか?笑

でもまだその判断は早いです。

 

その場は伸びても、持続して2週間が限度。

まず、そのストレートパーマをかける理由が『パーマ落とし』ではなく『くせ毛を抑えるため』と仮定しましょう。

 

ストパーを当てた当初は、癖が極端に強くなければ、少しは癖が収まったように感じるはずです。

ただ、それは今だけです。

 

とれます。すぐに。

 

美容室から帰って次の日シャワーを浴びたら元通りになったとしても僕は全く驚きません。

だって、そういうものですから。

 

何度もいうようにストレートパーマは『パーマ落とし』であって『くせ毛をストレートに』する効果は全くないのです。

 

素人目、パーマもくせ毛も髪がうねって、カールして…

同じように見えるかもしれませんが、うねりの原因もメカニズムもそれぞれへの対処法も全く違います!

 

『縮毛矯正は痛むから…』『縮毛矯正はまっすぐになりすぎるから…』

そんな理由でくせ毛のあなたに縮毛矯正ではなく、ストパーを勧める美容師がいたら、その美容師はあなたのことを何のためのことなんて何も考えていない美容師です。

だって、数日で効果が無くなるのを分かっていて、いわばただ傷ませるだけのストパーをかけることのどこに良心があるのかは僕には分かりません。

 

くせ毛にストパーをしてもただ傷ませるだけ。

くせ毛に効果がないものをくせ毛にしたところでなんの意味もありません。

ただいたずらに髪を傷ませるだけ。

 

ストパーが取れて元のくせ毛に戻るだけならまだしも、くせ毛にダメージが加わって状態が悪化することは目に見えています。

 

確かに、1回の施術ではストレートパーマの方が髪への負担は少ないです。

ただ縮毛矯正は、たった一回かければ、かけた部分に関しては半永久的にストレートヘアを維持することができます。

 

実際に僕が施術した一例ですが、一度綺麗に縮毛矯正をかけた部分は一年以上経過していてもストレートヘアを維持していることが分かります。

ということは、『今回根元から毛先までまたストレートヘアにしたい!』となれば、前回の縮毛矯正後に新たに伸びてきたくせ毛部分のみに縮毛矯正をかければ根元から毛先まで綺麗なストレートヘアになれてしまうわけです。

 

綺麗ですね。

 

確かに一回の施術では、ストレートパーマよりも縮毛矯正の方が髪に負担をかけてしまいます。

 

しかし、

方や、数日しか保たないストレートパーマ。

方や、半永久的にストレートヘアを維持し続けることができる縮毛強制。

 

ストレートパーマでストレートヘアを維持し続けるには、何度も何度もストレートパーマをかけ続けなければいけない。

でも、現実問題そんなことをしてしまえば髪はボロボロ。綺麗なストレートヘアは夢のまた夢。

 

縮毛矯正は確かにリスクは高い施術になりますが、縮毛矯正が上手な技術者であればほとんどリスクなく綺麗な縮毛矯正を髪に施すことが可能です。

綺麗に縮毛矯正をかけた部分は半永久的にストレート部分だから、新たに伸びてきたところにだけ縮毛矯正をかければ綺麗なストレートヘアを維持し続けることができます。

 

そして気づきましたか?

上手い技術者がかけた縮毛矯正は取れないから、髪には縮毛矯正一回分のダメージしか髪には残らないんです。

短期的に見ればストレートパーマの方が良く見えても、長く見据えれば縮毛矯正の方がくせ毛の方には髪に優しく、効果的なことが分かりますね♪

 

スポンサーリンク

 

髪質改善(トリートメント)という名のストレートパーマに気をつけろ

最後に、補足的なやつを(笑)

 

最近流行りの『髪質改善』というワード。

マツコ会議という番組で取り上げれてからちょいブームらしいですね。

 

僕自身も髪質改善というネーミングでしている施術がいくつかあるのですが。。。

 

髪質改善と聞くと、『トリートメントの一種』的な発想になる方がほとんどだと思いますが、蓋を開ければストレートパーマや縮毛矯正だったなんてのは良くある話です。

僕ら美容師、、、いや薬剤や縮毛矯正などに一際特化してる超少数派マニアック美容師はだいたいそれがなんなのかは見れば想像できますが、素人さんは分からないですよね。

 

美容室で『髪質改善』をしに行ったり、勧められたりしたら、ご自身が納得できる説明をしてくれない美容師さんじゃなかった場合はお断りしておくのが懸命かと思われます。

 

ストレートパーマだろうが、縮毛矯正だろうが、トリートメントだろうがなんだろうがそんなことはどうでもいいのですが、絶対にメリットがあればデメリットもあります。

その説明さえできない美容師を信じて髪を任せるほどあなたの髪は安くはないですよ。

 

関連記事

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

 

くせ毛マイスターに予約・相談したい方はこちら。

僕のお客様は、「ブログを見て」「他のお客様のご紹介」で100%構成されています。

初めは、LINEなど個人個人でのやりとりやブログを見て来店することを躊躇される方もいるようですがご安心ください。

不安や疑問・質問などがあれば、来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えいたしますのでお気軽に^^ご連絡お待ちしております。

くせ毛マイスターが一押しするホームケア

くせ毛マイスター野坂信二が一押しする至高のヘアケア特化シャンプー『Flowers』

ヘアケア界に激震を走らせ、今もなお追随を一切許さないホームケア王者の特徴とは?

①シャンプーの70%が水とホホバオイルで出来ている。
②香りをシャンプーするたびに変えられる。
③防腐剤フリー
④高級感あふれるガラス製のボトル

もっと詳しく知りたい方は、下のボタンをクリック!

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。