BACKSTAGE(バックステージ)出演のくせ毛専門美容師(くせ毛マイスター)のブログ

BACKSTAGE(バックステージ)出演のくせ毛専門美容師(くせ毛マイスターのブログ
スポンサーリンク

こんにちは!

表参道エリアでくせ毛顧客率100%のくせ毛専門美容師、「くせ毛マイスター」として活動している野坂信二(@kusegemeister)です。

みんなには「のっち」という愛称で親しんでいただければと思います♪

↑YouTubeではくせ毛、ヘアケア関連の動画を多めに投稿しています!ぜひ登録してくだいね♪

 

 

バックステージをご覧になった方で検索してくれた方のための記事となっております。

うねりや縮れ、パサつきなど多くの人が抱える「くせ毛」の悩み・・・
そんな「くせ毛」に悩む人たちをこれまで5000人以上救ってきたという“くせ毛マイスター”に密着!
“くせ毛を活かす”ため「すきばさみ」は使わない!独自のカット技術は必見です!

引用:https://hicbc.com/tv/backstage/

 

ご予約はこちらから。

番組内で紹介した商品はこちら

created by Rinker
インカオイル
¥9,598 (2021/07/27 22:04:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オーガニックインカホホバオイル
¥2,769 (2021/07/27 12:27:05時点 Amazon調べ-詳細)

ホホバオイルは全くせ毛さんに使って欲しいアイテム。めちゃ良いです。

動画では今のところ、これが一番説明しているかも。

9割はヘアオイルの使い方を間違っているよ、という動画です!

 

created by Rinker
Lyrae
¥3,000

こちらの商品は自らのネットショップで販売しているので気になる方は、ぜひ。

リピート購入ほぼ100%の超実力派な商品です。

くせ毛専門美容師(くせ毛マイスター)とは?

僕は東京表参道を拠点にしたくせ毛専門美容師で、最近は大阪梅田に月一出張しています。(現在コロナの影響で不定期)

ざっくりまとめると

  • 日本初のくせ毛専門美容師(くせ毛マイスター)
  • 顧客くせ毛率100%
  • 「くせ毛を活かすカット」「脱縮毛矯正」の生みの親
  • くせ毛を活かすカットと縮毛矯正が得意
  • 美容師さん向けに縮毛矯正の先生(現在生徒さん200名弱)
  • お客様は関東中心に日本全国

という感じです。

 

今までメディア取材、テレビ、セミナー等すべて断ってきた人間なのですが、今回はなんの風の吹き回しなのかお話をお受けしてみました。

 

慣れない経験すぎて、緊張、見苦しいところもあったろうなと思うなか、この記事までたどり着いていただきありがとうございます。

この記事をざっと読んだら「こんな感じかぁ」と分かっていただけるかと思います。

スポンサーリンク

くせ毛マイスターのっちとは?

本名は野坂信二。福島県出身です。

※驚異のどちらも無加工本人です。

 

美容師になってから付けてもらったあだ名「のっち」でネット上でも活動するようになって10年ほどになり、もはや名前で呼ぶのは家族のみとなりました。笑

ぜひ「のっちさん」「のっち」と呼んでいただけたら嬉しいです。

 

僕は自分自身がくせ毛なのもあってか見習い時代から、研究→発信をしていたらいつの間にかお客様がくせ毛ばかりになっていたという理由で「くせ毛特化」もとい「くせ毛専門」を名乗ることにしました。

 

ええ、成り行きです。

 

後に「くせ毛マイスター」と名乗ることに。

どんな方が来る?

もれなく全員くせ毛です。

 

くせ毛の方は一般的な美容室だと

  • 自分より強いくせ毛の人がいない
  • どうせ思ったような感じになんてならない
  • 良いのはその日だけで自分でシャンプーしたら終わり
  • 美容師さんを困らせてしまう
  • 自分のくせ毛、髪質が恥ずかしい

という方がとても多いです。

僕自身、陰キャくせ毛なので気持ちはすごく分かります。

 

くせ毛じゃなかったら陽キャに育ったのでは?と思うほど学生時代は嫌でしたね。

僕のお客さんは全員くせ毛なので、あなたの髪をみても「うわ〜」なんて反応はしないし、困りもしません。全然大丈夫です。

僕は今は自分自身がくせ毛で良かったと思えるほど、くせ毛に関してはとてもポジティブに捉えています。

 

僕はそんなくせ毛に対してポジティブになれるパラダイムシフトを提供していきたいと考えています。

スポンサーリンク

主な仕事は?

サロンワークでの仕事の柱は、

  1. くせ毛を活かすカット
  2. 縮毛矯正

となります。

くせ毛の方がくせ毛を活かすも、縮毛矯正をかけてストレートにするも自由。

でも「自由がない」と感じている方がくせ毛の方はとても多い。

そうじゃない人が”髪型”で悩むところをくせ毛の方はその手前で止まってしまう。

 

美容師

  • 「くせ毛は縮毛矯正をかけるしかない」
  • 「縮毛矯正をかけてるから重ためロングしかNG」
  • 「ショートにはできない」

くせ毛じゃない人からしたらびっくりするかもしれないけど、くせ毛だからというだけでそんな言葉を投げかけられた人がどれだけいるか。

全然そんなことないです。

くせ毛だって

活かしたっていいし、縮毛矯正をかけてストレートにしたっていいし、毛先にパーマをかけたり、ショートにしたっていい。

確かにそれらにメリット、デメリットは少なからず存在するし、癖の強さや髪質次第でなんだってできるというわけでもない。

でもただ「くせ毛だから〜」という理由だけでそれら全てを潰してしまうほどデメリットであるとは僕は思いません。

くせ毛だから

  • 可愛いウェーブスタイルがパーマをかけなくてもできる。
  • スタイリング剤も揉み込むだけでフワッ、くるっ。
  • 自分にしかない唯一無二の髪型にできる。
  • 季節や天候に左右されてしまう髪型もまたそれも良し。

そんな風にくせ毛をポジティブに捉えられたらいいですね。

スポンサーリンク

くせ毛を活かすカット

くせ毛を活かすベリーショート

くせ毛のパサつきや広がりは短所ではなく長所になり得る。【実例 #14】

 

くせ毛を活かすカットに一番必要なのは

  • くせ毛で悩む方の気持ちがわかる
  • 数多くのくせ毛さんと真剣に向き合ってきた経験

がとても大きいなぁと最近とても感じています。

 

そして、これは誰にも負けない自信があると思います。

単純なカット技術だけなら僕より上手い人なんてざらにいると思いますが、対くせ毛となると僕は誰にも負けない。

合わせて読みたい

縮毛矯正

40代、50代〜加齢くせ毛に縮毛矯正はできる?

△ 40代、50代〜加齢くせ毛に縮毛矯正はできる?【実例 #22】 

 

冒頭にも書いたのですが、僕は美容師さん向けに縮毛矯正に先生をしています。

2020年から始めて、今は200名弱。

 

そこで何よりも気付いたのは技術や知識の格差。(生徒さんごめんなさい笑)

縮毛矯正の写真などをUPするとよく美容師さんから質問されるのは「薬何を使っているんですか?」なんです。

 

美容師さんがこれじゃ一般の方も縮毛矯正のクオリティは”良い薬剤を使っているかどうか”で決まると思っていても何も不思議じゃありません。

僕の生徒さんになると【縮毛矯正のクオリティは薬剤ではなく、99%技術力によるもの】だとすぐさま気付かされ、愕然とする方が多いです。

 

カットの技術がハサミの良し悪しなんかじゃ決まらないことを知っているのに不思議ですよね。

縮毛矯正は美容師の技術の中でも特殊且つ難易度が高いもので、上手な美容師さんがとても少ないという一面を持っています。

 

一部の縮毛矯正を得意な美容師さんと一般的な美容師さんとじゃその技術力は雲泥の差すぎてもはや別物と言っても過言ではないほど。

 

縮毛矯正はやっても年に2、3回。

回数こそ少ないですが、ロングの方ならその瀬術の影響は3年以上も継続します。

 

上手な方が綺麗にかければ綺麗なストレートに、傷めせてしまえばそれもそのまま継続してしまうので縮毛矯正は一回の施術をいかにクオリティ高くできるかがとても大切となる技術です。

合わせて読みたい

YouTubeで動画投稿もしています

ゆるっとしかしてませんが。

くせ毛に関するちょっとマニアックな動画を投稿しています。

 

ご予約はこちら

野坂商店kusegenomikata

くせ毛マイスターに予約・相談したい方はこちら。

僕のお客様は、「ブログを見て」「他のお客様のご紹介」で100%構成されています。

初めは、LINEなど個人個人でのやりとりやブログを見て来店することを躊躇される方もいるようですがご安心ください。

不安や疑問・質問などがあれば、来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えいたしますのでお気軽に^^

ご連絡お待ちしております。

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

くせ毛マイスターが一押しするホームケア

くせ毛マイスター野坂信二が一押しする至高のヘアケア特化シャンプー『Flowers』

ヘアケア界に激震を走らせ、今もなお追随を一切許さないホームケア王者の特徴とは?

①シャンプーの70%が水とホホバオイルで出来ている。
②香りをシャンプーするたびに変えられる。
③防腐剤フリー
④高級感あふれるガラス製のボトル

もっと詳しく知りたい方は、下のボタンをクリック!

BACKSTAGE(バックステージ)出演のくせ毛専門美容師(くせ毛マイスターのブログ