髪を傷ませないヘアアイロン・コテのオススメ温度とその理由とは?

スポンサーリンク

こんにちは!

表参道エリアでくせ毛顧客率100%のくせ毛専門美容師、「くせ毛マイスター」として活動している野坂信二(@kusegemeister)です。

みんなには「のっち」という愛称で親しんでいただければと思います♪

↑YouTubeではくせ毛、ヘアケア関連の動画を多めに投稿しています!ぜひ登録してくだいね♪

 

 

皆さんは髪にストレートアイロンを通したり、コテで巻いたりするときに温度に気をつけていますか?

いつも何度でしていて、その理由は何度でしょう?

 

毎日のようにストレートアイロンやコテを使う場合は、その温度を気をつけてあげるだけで髪の状態は劇的に変わるかもしれません。

髪を綺麗に保つヘアアイロン・コテのオススメ温度

ズバリ、『130度以下』です。

使っているアイロンなどでも多少その温度に前後があるのですが、髪を綺麗に保つための推奨温度は130度以下であると御考えください!

 

タンパク質を硬化させない温度設定

タンパク質は、お肉やタマゴと同じタンパク質で出来ています。

お肉やタマゴを熱すると硬くなるように髪もある一定以上の熱量を加えると硬化する性質を持ち、『タンパク変性』と言います。

厳密にいうと、お肉や卵などと一緒くたにすることは出来ないのですが、イメージとしてそう捉えていただくと理解がしやすいです。(詳しい方はツッコミなしで笑)

 

この髪が硬化してしまう現状は130℃を超える温度から始まるというエビデンスがあるため、ストレートアイロンやコテの温度は130℃以下を推奨しています。

 

ちなみにですが、この硬化が始まる温度は濡れている状態と乾いている状態ではかなりの差があり

乾いている時は130℃ですが、濡れている時は60℃ほどの低い温度でも硬化してしまうため、ドライヤーを近づけすぎたり、同じところに熱風を当てたりしても髪が変性してしまうので注意が必要です!

 

高い温度でさっとやるのが良いと言われました。

いつも180℃くらいの高温でスタイリングしている方は「えっ!?そんな温度で髪にクセがつくの?」ってなりますよね。

 

実際に現場で130℃が推奨ですよとオススメするとそんな反応することがとても多いです(笑)

「180℃などの高い温度でさっとやる方がいいよ!って美容師さんに言われました!」という声も多んですが、実はこれも一つの正解なんですよね!

 

髪にどれくらいの熱量が加わっているのかというちょい難しい話なのですが、要は『低温で長時間』と『高温で短時間』のほこたてなわけですよね。

ただここに一つの要素を加えるとしたら、皆さんは僕らのように技術を持っているプロではなく、ストレートアイロンを扱う上では素人だということです!

 

「高温でさっと巻いた方が髪を傷めないよ!」アイロンをする技術があるということが前提条件となっていて、同じところを何回も巻き直したり、全然短時間で巻けていなかったりしたら当然想定以上の負担が髪にかかることになります。

「低温で時間をかけて巻いた方が髪を傷めないよ!」というのは、そんなアイロン技術を初めからないことが前提となっているので、同じところを巻き直したり、短時間で出来なくてもなんの問題もありません。

 

低温で時間をかけて…とあるようにこのアイロン法は、高温でのアイロンと比べるとあとが付きにくかったり、付くのが遅かったりとデメリットも確かにあるんです。

その時の時間的メリットは高温アイロンに分がありますね。

 

髪を傷ませず、綺麗に持ちの良いアイロンのやり方

ケア面で言えば、絶対的に低温アイロン法に分がありますがこの方法でより綺麗に、より持ちをよくするには少しだけコツがあるのでそちらをご紹介します。

しっかりと乾かしてから熱を通す

前述したように濡れている時は60℃前後で髪が硬化してしまうため、必ずしっかり乾かしてからアイロンをするようにしてください。

水滴が垂れたり、水分で髪が束になってしまうような状況だと濡れ過ぎなのでドライヤーだけで艶が出るくらいにはしっかりと乾かした方が良いですね!

 

面倒だからと触ったら手に水分が移るくらいの半乾きの状態でアイロンをする方が、聞く話だと思った以上に多いのでしっかりと乾かしてからアイロンをするようにしましょう!

 

ホホバオイルをつけてから熱を通す

何もつけずにアイロンをすると髪が焦げちゃうので何もなしはNG。

シリコン系のものだと下手をするとアイロンの熱で髪に焼きついてしまう場合もあるので

僕個人としては『【全悩めるくせ毛に贈る】本当に効果のあるたった一つのおすすめトリートメント。』でも紹介しているホホバオイルをオススメします。

created by Rinker
オーガニックインカホホバオイル
¥2,640 (2019/09/16 23:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

乾かす前にホホバオイルをつけてから乾かし、そしてそのままアイロンを通すことがオススメ!

 

しっかりと冷ます

特にコテで巻いた時は、巻いたあとにすぐに指を通してほぐしてしまいがちなのですが、巻いたらそのままにして次を巻いて…と時間を置いて冷ましからほぐすと持続力はかなりUPします!

ドライヤーで冷風を当てて冷ますのもかなり良い手ですね!

 

実は巻くので熱を加えてあとをつけると思いがちですが、しっかり形が付くのは熱が冷める時なんです。

一手間になりますが仕上がりは全然違うのでぜひトライしてみてくださいね!

 

髪を綺麗を保つオススメアイロン

ヘアケアに特化したヘアアイロンをご紹介します!

シルクプロアイロン ラディアント アイロンプレート28mmタイプ (レッド)
ラディアント

毛先ワンカールに最適!おすすめストレートアイロンを紹介します。』や『アイロンマニア美容師がオススメする最強ストレートアイロン3選!』などの記事でも紹介しているシルクプレート搭載のストレートアイロンラディアントがとてもオススメです。

 

このアイロンはヘアケアに特化しているアイロンで美容師さんのような技術がなくても髪の痛みを最小限に抑えながらスタイリングをすることが可能です!

 

特徴1 シルクプレート

シルクプレートアイロン、ラディアントの説明

ラディアントに搭載されたシルクプレートの毛髪の水蒸気爆発を防ぎ、アイロンをする際の髪への負担を大幅に抑えることができる設計になっています。

 

特徴2 センサーレス

センサーレスアイロン、ラディアントの説明

ヒーター自体が精密センサーとなっているため、最高温度220度までの到達所用時間が30秒という驚異のスピードを実現し、精密な温度制御を可能にすることで髪への負担を大幅に抑えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容師の技術を持っていない人向けに”低温アイロン法”をご紹介させていただきました!

 

素人さんでもアイロン捌きがプロ並みな方も多いのでぶっちゃけやりやすい方法でやってもらって良いのですが、アイロン慣れしていなかったりなるべく髪を傷ませたくない方は

ぜひ”低温アイロン法”を試してみてくださいね!

 

関連記事

【保存版】髪を綺麗にしたい方のための本当に効果のあるヘアケア三種の神器+1

2018年10月29日

【プロ美容師が厳選】毛先ワンカールに最適!おすすめストレートアイロンを紹介します。

2017年11月13日

【令和】アイロンマニア美容師がオススメする最強ストレートアイロン3選!

2017年8月5日
くせ毛専門美容師のくせ毛・矯正毛にオススメする最強ドライヤー3選

くせ毛専門美容師のくせ毛・矯正毛にオススメする最強ドライヤー3選

2017年6月3日

 

 

くせ毛マイスターに予約・相談したい方はこちら。

僕のお客様は、「ブログを見て」「他のお客様のご紹介」で100%構成されています。

初めは、LINEなど個人個人でのやりとりやブログを見て来店することを躊躇される方もいるようですがご安心ください。

不安や疑問・質問などがあれば、来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えいたしますのでお気軽に^^ご連絡お待ちしております。

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

くせ毛マイスターが一押しするホームケア

くせ毛マイスター野坂信二が一押しする至高のヘアケア特化シャンプー『Flowers』

ヘアケア界に激震を走らせ、今もなお追随を一切許さないホームケア王者の特徴とは?

①シャンプーの70%が水とホホバオイルで出来ている。
②香りをシャンプーするたびに変えられる。
③防腐剤フリー
④高級感あふれるガラス製のボトル

もっと詳しく知りたい方は、下のボタンをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。